「3つお手玉」のコツと練習法についてご紹介!【動画/やり方/遊び方】

「3つお手玉」のコツと練習法についてご紹介!【動画/やり方/遊び方】

お手玉は昔から子供の遊び道具として日本ではお馴染みです。実はお手玉は日本だけではなく海外でも使われており、ジャグリングと呼ばれています。お手玉もジャグリングも遊び方や方法は同じです。この記事では、2つ投げ、3つ投げのコツを動画を交えて紹介しています。

コンテンツ [表示]

  1. 1お手玉の基本的な遊び方
  2. 2難易度急上昇?「3つお手玉」のコツとやり方
  3. 2.1コツ①「3つお手玉」の持ち方
  4. 2.2コツ② 「3つお手玉」の投げ方
  5. 3「3つお手玉」の練習方法
  6. 3.11個または2個のお手玉で流れを確認
  7. 3.23個のお手玉で流れを確認
  8. 4「3つお手玉」の実演動画

お手玉の基本的な遊び方

赤3つ、青1つ、黄色1つのお手玉画像

改まってお手玉の練習をすると新鮮です。
 

お手玉の一般的な遊び方を紹介します。

【お手玉2つを使って遊ぶ場合/右利き】
やり方は両方の手に1つずつお手玉を持ちます。
左手のお手玉をやや右手に向かって空中に投げます。
左手のお手玉が空中にあるその間に右手にあるお手玉を左手の方に弧を描くように投げます。
この繰り返しです。

【お手玉2つを使って遊ぶ場合のコツ】
コツはタイミングよく投げて移動することです。
ここをしっかりと繰り返し練習すると3つになったときに進歩が早くなります。
高さと、タイミングを意識して練習しましょう。

難易度急上昇?「3つお手玉」のコツとやり方

ラッピングされたセットお手玉とバラで5個並んだお手玉の画像クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

女性の手でも2つは持てる大きさです。

次は3つで遊ぶ方法になります。
3つになるといきなり難易度があがります。

【3つお手玉の手順/右利き】
はじめに右手にある2つのお手玉を高さと方向を気にしながら空中に投げ、左の手からお手玉を投げ渡します。
これを繰り返します。
根気よく練習しましょう!

【3つお手玉のコツ/右利き】
ここでもコツはタイミングよく、高さを意識して練習しましょう!
左手から投げられたお手玉がいつも空中にある状態で、右手の2つのお手玉を左に投げて移動している感じです。
ここの2つのお手玉を移動することが難しくなかなかできないかもしれません。
左手のお手玉は常に空中にいてその短い時間のかなで2つを操作するので根気よく練習ですね。

コツ①「3つお手玉」の持ち方

やってみよう!むかしのあそび⑦お手玉の本の画像クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

お手玉の練習をすると子供の頃を思い出しますね。

ここでは、3つお手玉で遊ぶ時の右手のお手玉の持ち方の方法をお教えします!

【右利きの場合の持ち方】
お手玉を左手に1つお持ち、右手に2つ持ちます。
右手の2つのお手玉持ち方は、縦に2つ持つような感じです。
右手の持ち方がポイントになります。

【右手のお手玉の投げる順番】
上にあるお手玉を先に投げます。
2つのお手玉で練習してきた高さを気にしながら弧を描くように投げる事、左手に投げるタイミングを意識して練習します。


 

コツ② 「3つお手玉」の投げ方

赤3つピンク1つのお手玉セットの画像クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

可愛いお手玉セットやお気に入りのお手玉で練習してみましょう。

お手玉の投げ方の基本とコツ、方法です!

【3つお手玉の投げ方/右利き】
右手の2つのうちの1つをやや左手の方向に投げます。
右手のお手玉の投げる順番は上にある方から先になげましょう。
右手から投げたお手玉が左手に届く前までに、投げたお手玉にぶつからないよう高さ軌道を変えて右手側に左手のお手玉を投げます。
左手のお手玉を投げたら右手のお手玉を受け取ります。
そして2つ目のお手玉が右手側に飛んできますので、そのお手玉が右手に届く前に手3つ目のお手玉を左手に投げます。
ここは文章ではなかなか想像しにくいので、動画も併せてご覧下さいね。
投げる順番がわかれば、練習しやすいですよ。

「3つお手玉」の練習方法

お洒落な革製のお手玉画像クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

握りやすい素材と硬さのお手玉を使用するのも上達のコツです。

お手玉3つの練習方法です!
先ほどもお話をしたのですが、タイミングよく投げて受け取り、すぐに投げるの繰り返しです。
初めはなかなかうまくいかないのですが、コツをつかめば簡単にできるようになります。

【3つお手玉の練習方法/右利き】
右手のお手玉の持ち方がコツでありポイントになります。
縦に2つもつようにイメージしてください。
その縦に持ったお手玉の上にあるお手玉から投げましょう。
このやり方で練習を一つずつステップを踏んでいけばよいかと思います。
3つのお手玉の練習は慣れが一番です。
高さ、タイミング、速さこの3つがうまく出来るようになれば楽しいくらいにできます!


 

1個または2個のお手玉で流れを確認

むかしからつたわる遊びお手玉を楽しむ本画像クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

お手玉の技を教本で学ぶのも上達のコツです。

はじめは1つ、2つのお手玉でタイミングをとる練習をしましょう。

【1つお手玉の練習/右利き】
1つの場合は、普通に右手にお手玉を持ちます。
そしてそれを左手でお手玉を受け取りましょう。
そしてまたテンポよく左手のお手玉を右手に投げましょう。
弧を描くように投げてあげると受け取りやすいです。

この練習を基本として次は2つの場合を練習です。

【2つお手玉の練習/右利き】
2つの場合は、左手に持っているお手玉を軌道と高さを気にしながら空中に投げ、すぐに右手のお手玉を左手の方向に投げましょう。
この時も1つの時と同じように投げる時弧を描くようにしましょう。
この時に急いで投げると右手で受け取りにくくなります。
この繰り返しでタイミングをつかみ練習をしていきます。
 

3個のお手玉で流れを確認

干支のお手玉の画像クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

可愛くて飾っておきたい干支のお手玉で上達の縁起を担ぐのも上達のコツです。

最後になりますが、お手玉3つに挑戦しましょう!
今まで練習してきたお手玉の弧を描くように投げるコツとタイミング、高さを応用してチャレンジしましょう!

【3つお手玉の練習/右利き】
左手に1つ、右手に2つもちましょう。
ポイントは右手のお手玉を縦にずらして持つ事です。
左手のお手玉の投げる高さ。
お手玉を受け渡す際のスピードです。
では、流れを復習してみましょう!
左手のお手玉と、右手は縦にずらし2つ持つ。
左手のお手玉を右手側に弧を描くように投げます。
その間に右手の縦に持っている上のほうにあるお手玉を左手の方に高さを注意し弧を描いて投げます。
また左手に右手のお手玉が来るのでそれをまた投げましょう。
そして右手の下のお手玉を左手側に弧を描くようになげます。
軌道をずらして投げないとお手玉同士がぶつかってしまうので注意です。

「3つお手玉」の実演動画

萌え袖ちゃん

萌え袖ちゃん

3つお手玉の実演動画を見ながら一緒に練習しましょう!

女神さま

女神さま

関連記事ではお手玉の作り方と一緒に遊び方もご紹介しています。併せてご覧下さいね!

お手玉の作り方とは?中身はどれくらい小豆をいれる?遊び方や歴史についても紹介 | セレスティア358
昔懐かしい遊び「お手玉」。皆さんも一度は見たり触れたり、作り方を教わったことがあるかもしれません。「ただ球を投げているだけでしょ?」と思われている方、実はお手玉はとても奥深い遊びなのです。今回は、そんなお手玉の歴史や、作り方、練習の仕方を詳しくご紹介します。

「3つお手玉」のコツと練習法のまとめ

  • 右手の2つのお手玉の持ち方と投げ方の確認をしましょう。
  • 左手のお手玉の投げる高さと軌道のチェックをしましょう。
  • 右手のお手玉の移動のタイミングと左手のお手玉の投げ方を気にしましょう。
友だち追加

関連記事

アクセスランキング