クチャラーになる原因は?クチャラーへの注意や簡単な治し方をご紹介!

クチャラーになる原因は?クチャラーへの注意や簡単な治し方をご紹介!

世間で毛嫌いされているクチャラーの存在をご存知でしょうか。クチャラーになる原因は人によって違います。この記事では、クチャラーになる原因や改善方法について詳しく紹介します。周囲にクチャラーがいて困っているという人は、注意の方法も参考にしてみてください。

コンテンツ [表示]

  1. 1クチャラーってどのような人のことを指すの?
  2. 1.1クチャラーの定義
  3. 2クチャラーになる原因は?咀嚼音が出る3つの原因
  4. 2.1原因1.噛み合わせ
  5. 2.2原因2.口呼吸
  6. 2.3原因3.幼少期からの食べ方の癖
  7. 3クチャラーは治るの?咀嚼音の改善方法
  8. 3.1噛み合わせが悪い人は歯の矯正を!
  9. 3.2鼻呼吸を意識する!
  10. 3.3姿勢に注意して食事をする!
  11. 4クチャラーは自覚させることが大切!
  12. 4.1クチャラーの人にやんわり注意する
  13. 4.2自分も咀嚼音を出してみる
  14. 5クチャラーを注意できないときは諦めるという方法も

クチャラーってどのような人のことを指すの?

クチャラーってどのような人のことを指すの?

世の中にはクチャラーと呼ばれる人々が存在します。クチャラーとは、食べ物をくちゃくちゃと音を立てて食べる人の総称です。
クチャラーの咀嚼音を気持ち悪いと思う人は非常に多く、中にはわざと音を出しながら食べているのではと殺意まで芽生える人もいます。
ガムをくちゃくちゃと音を立てながら食べる人に遭遇した経験はないでしょうか。また、楽しみにしていた食事の席にクチャラーがいて、一気に食欲が失せたという人もいるかもしれません。
スナック菓子を食べる際のポリポリという咀嚼音が嫌いな人はそれほど多くいませんが、クチャラーの咀嚼音が嫌いな人は多くいます。

クチャラーの定義

クチャラーの定義

基本的に、口を開けたまま食事をする人はクチャラーの可能性が非常に高いです。
ただし、クチャラーには定義があります。日頃から鼻ではなく口で呼吸をする人は、食事の際も常に口が開いているためクチャラーになりやすいと言われています。
しかし、花粉症やアレルギー性鼻炎などを患っている人は、意志に反して口呼吸せざるを得ないためクチャラーには該当しません。

クチャラーになる原因は?咀嚼音が出る3つの原因

クチャラーになる原因は?咀嚼音が出る3つの原因

恋焦がれていた相手と食事に行った際に、相手がクチャラーであることが判明し、一気に嫌いになったという話はよくあります。一体なぜ、クチャラーになってしまう人がいるのでしょうか。
下記では、食事の際にくちゃくちゃと耳障りな音が出る3つの原因を紹介します。

原因1.噛み合わせ

原因1.噛み合わせ

クチャラーになる原因の一つ目に、噛み合わせが悪いことが挙げられます。
噛み合わせが悪い人の特徴としては、前歯が極端に出ている、いわゆる出っ歯の人や下顎前突と言われる下の歯が前歯より出ている人です。
噛み合わせが悪い人は、口を閉じる意識をしていないと口が自然と開いてしまいます。それゆえ、食事の際にも口を開けたまま咀嚼することが多く、クチャラーになるのです。

原因2.口呼吸

原因2.口呼吸

クチャラーになる原因の2つ目は、口呼吸です。
花粉症やアレルギー性鼻炎などを患っている人は例外ですが、クチャラーの多くは鼻呼吸ができるにも関わらず普段から口呼吸が習慣となっている人です。呼吸と食事を同時に行うため、咀嚼時に音が出てしまいます。

原因3.幼少期からの食べ方の癖

原因3.幼少期からの食べ方の癖

クチャラーになる3つ目の原因は、幼い頃からの食べ方の癖です。
幼い頃に両親から口を閉じて食べるよう注意された経験はないでしょうか。幼い頃に口を開けたまま食べる癖をきちんと直さずにそのまま大人になった場合は、クチャラーになるケースが多いです。
さらに、幼い頃から長年身体に染み付いた癖は、大人になって直そうと思っても容易ではありません。
また、自分の食べ方が基準だと思っている人も多く、食べ方に癖があることに気づいていない場合もあります。

クチャラーは治るの?咀嚼音の改善方法

クチャラーは治るの?咀嚼音の改善方法

クチャラーは、女性が生理的に受け付けない男性の特徴ランキングで2位に選ばれたことがあります。
また、恋愛面だけでなく、職場で不快に感じる音ランキングでもクチャラーのガムを噛む音が2位に選ばれています。これほどまでに周囲を不快にさせるクチャラーを治すには、どのようにしたら良いのでしょうか。
ここでは、クチャラーの改善方法について紹介します。

噛み合わせが悪い人は歯の矯正を!

噛み合わせが悪い人は歯の矯正を!

噛み合わせが悪い人は、食事の際に常に口を閉じようと心掛けていないと、自然と口が開いてしまい咀嚼音が出てしまいます。
それゆえ、歯の矯正をすることでクチャラーを改善できます。歯並びが良くなると、食事中に口が自然に開いてしまうこともなくなります。
また、歯の矯正をすることで見た目も良くなり、虫歯や歯周病を予防できるというメリットもあります。大人になってから歯の矯正をすることに抵抗があるという人もいるかもしれません。しかし、最近では矯正器具が目立たないように、歯の裏に器具を装着する治療法や取り外し可能なマウスピースでの治療法もあります。
歯並びの問題でクチャラーになっている場合は、一度歯科医院に歯の矯正について相談してみると良いでしょう。

鼻呼吸を意識する!

鼻呼吸を意識する!

口呼吸が習慣となっている人は、鼻呼吸を意識することでクチャラーを改善できます。
しかし、鼻炎などを患っている人は、意識をしても鼻呼吸ができないケースがほとんどです。それゆえ、耳鼻科で鼻呼吸ができるように治療を受ける必要があります。
口呼吸をする人の中には、花粉症や鼻炎を患っていること自体に気付いていない人も多くいます。鼻呼吸が上手くできないと感じている人も一度、耳鼻科で診てもらうと良いでしょう。
また、口呼吸から鼻呼吸に変えることでクチャラーが改善できるだけでなく、風邪やインフルエンザにかかりにくくなるというメリットがあります。

姿勢に注意して食事をする!

姿勢に注意して食事をする!

爪を噛んだり、足を組む癖があるようにクチャラーも癖の一種である場合があります。
幼い頃からの食べ方の癖が原因でクチャラーになっている場合は、姿勢に注意して食事をすることが大切です。背中を丸めて食事をしたり、肘をついて食事をしていないでしょうか。長年身体に染み付いた食事の癖は、すぐに治るものではありません。
まずは、自分の癖をよく理解し、一つずつ改善しましょう。正しい姿勢で食事をすることで、自然と食事マナーも身に付けることができます。

クチャラーは自覚させることが大切!

クチャラーは自覚させることが大切!

パワハラやセクハラなど様々なハラスメントがありますが、周囲の人に時には殺意まで芽生えさせるクチャラーの咀嚼音は、音ハラスメントと言われています。
クチャラーになる原因や改善方法があるにも関わらず、なぜクチャラーは減少しないのでしょうか。
それは、クチャラーの多くが自分がクチャラーだということに気付いていないからです。自覚がない人には、教えてあげる他に方法はありません。
しかし、クチャラーの咀嚼音が気になるものの、はっきりと「あなたの食べ方は気持ち悪い」と言える人はそれほど多くはいないでしょう。
また、相手のことを思ってはっきりとクチャラーを指摘してあげたにも関わらず、無神経な人だと腹を立てられるケースもあります。ここでは、上手にクチャラーを自覚させる方法を紹介します。

クチャラーの人にやんわり注意する

クチャラーの人にやんわり注意する

クチャラーの人には、やんわりと注意してあげると相手に恥をかかせることなくクチャラーであることを自覚させることができます。
一緒に食事をしている際に「口が開いているよ」とこっそり教えてあげると相手を傷つけることもありません。大勢の前でクチャラーを指摘すると、相手との関係にヒビが入ってしまうこともあるので注意しましょう。
また、直接言いにくい相手の場合は、テレビに出ている芸能人の食べ方などをさりげなく話題に出してみるのも効果的です。

自分も咀嚼音を出してみる

自分も咀嚼音を出してみる

こっそりとクチャラーであることを教えてあげても相手に伝わらないケースもあります。その場合は、反面教師になることで相手にクチャラーだと気付かせることができます。
自分がわざとクチャラーを演じることで、相手が「自分はこんな汚い食べ方をしないように心掛けよう」と気づくケースがあります。
しかし、大勢で食事をしている時にクチャラーを演じると、他の人に自分がクチャラーだと勘違いされてしまう場合もあるため、クチャラーと二人で食事をしている際に反面教師を演じると良いでしょう。

クチャラーを注意できないときは諦めるという方法も

クチャラーを注意できないときは諦めるという方法も

どうしてもクチャラーを注意できない時は、残念ながら諦める他に方法がありません。
クチャラーが家族や親しい友人であれば、上記で紹介した方法で相手にクチャラーだと気付かせることができます。しかし、職場の上司やそこまで親しくない人がクチャラーの場合は、上手く注意ができずに諦めている人がほとんどです。
どうしても気になる場合は、当たり障りない理由を付けてクチャラーから離れた席に移動するしかありません。

クチャラーになる原因のまとめ

  • 噛み合わせが悪い人はクチャラーになりやすいため、歯の矯正が必要。
  • クチャラーの原因は口呼吸の場合もあり、鼻呼吸の意識が必要。
  • 幼い頃からの食べ方の癖がクチャラーの原因になっている場合もあり、姿勢正しく食事することが大切。
line-friend-pc
kiseki-pc

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング