>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

「10回クイズ」のおもしろいネタやひっかけについて紹介します!

「10回クイズ」のおもしろいネタやひっかけについて紹介します!

10回クイズは脳の混乱を利用した言葉遊びです。代表的なものには「ピザ10回言って!」というものがありますが、このクイズは誰が、いつ頃から流行らせたのでしょうか。気になる10回クイズの起源や原理をまとめました。さらに10回クイズのおもしろネタもご紹介します。

10回クイズとは?

10回クイズとは?
Photo byGermanLopezR

10回クイズとは言葉遊びの1種です。

基本的に1対1で行う遊びであり、出題者と解答者に分かれます。出題者は解答者にある言葉を10回言わせた後、即座に問題を出し誤答を誘うものです。

分かりやすい10回クイズの動画を下に載せておくので気になる人は見てみましょう。

10回クイズの起源

10回クイズの起源
Photo byFotocitizen

10回クイズの起源となったのは1987年に放送されていたラジオ番組「鴻上尚史のオールナイトニッポン」だと考えられています。

その後、この番組の人気コーナーが『10回クイズちがうね』という書籍になったことで10回クイズは全国的に有名になり、現在でも幅広い世代に人気の言葉遊びになっています。

ただ、それ以前にも同じような言葉遊びはあったといわれ、「10回クイズ」の他にも「10回ゲーム」や「10回言ってゲーム」「10回10回クイズ」など、さまざまな名称で呼ばれているようです。

10回クイズの原理

10回クイズには連想能力や予想能力といった脳の原理が大きく関係しています。

同じ言葉を何度も繰り返すことで、脳が無意識に次の言葉を連想、予想することにより誤答を招きます。

子供より大人の方がひっかかりやすい?

10回クイズは小さい子供より大人の方がひっかかりやすいと言われています。

人間は7歳から10歳ごろの間に「脳細胞の複雑化」が起こると言われています。そのため、7歳以上の脳細胞が複雑化した後でないと連想能力や予測能力が培われておらず、ゲームの面白みを発揮することが出来ません。

さらに、人間は大人になるにつれて、無意識に先のことを想像し予測する力が身についていくため、子供より大人の方がひっかかりやすくなっています。

誰でも知ってる代表的な10回クイズ

誰でも知ってる代表的な10回クイズ
Photo byqimono

10回クイズの代表的なものに「ピザ10回言って」というものがあります。

ボブ

ボブ

ピザって10回言って!

プロゲーマー君

プロゲーマー君

ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ

ボブ

ボブ

(ヒジを指しながら)じゃあ、ここは?

プロゲーマー君

プロゲーマー君

ヒザ!

ボブ

ボブ

残念!ヒジでした!

「ピザ」と繰り返し言うことにより、「ヒジ」と「ヒザ」が混乱してしまい誤答してしまうことを利用した問題です。

面白い10回クイズを紹介!

数ある10回クイズの中から、いくつかご紹介します。

シャンデリアって10回言って

チャーリー

チャーリー

じゃあ、毒りんごを食べて死んじゃった人は?

ボブ

ボブ

シンデレラ!

チャーリー

チャーリー

残念!白雪姫でした!

「シャンデリア」の響きから「シンデレラ」を連想させ、誤答を誘う問題です。

桃太郎って10回言って

ボブ

ボブ

川から流れてくるのは?

チャーリー

チャーリー

桃!

ボブ

ボブ

残念!でした!

桃太郎と聞くと、川から流れてくるものは「桃」と答えたくなるところですが、よく考えれば普通川から流れてくるのは「水」です。

キンカンって10回言って

チャーリー

チャーリー

初代アメリカ大統領は?

ボブ

ボブ

リンカーン!

「キンカン」と繰り返し言うことにより瞬発的に「リンカーン」と出てしまうのではないでしょうか。

チャーリー

チャーリー

残念!ジョージ・ワシントンでした!

みりんって10回言って

ボブ

ボブ

鼻が長いのは?

チャーリー

チャーリー

キリン!

ボブ

ボブ

残念!ゾウでした!

「みりん」からの「キリン」は非常にゴロが良く響きも心地良いため、分かっていても誤答してしまいそうです。少し考えればどう考えても鼻の長い動物はゾウです。

入浴って10回言って

チャーリー

チャーリー

アメリカの首都は?

ボブ

ボブ

ニューヨーク!

チャーリー

チャーリー

残念!ワシントンD.C.でした!

アメリカの首都を知らないとどうにもならない問題ではありますが、「入浴」という響きから「ニューヨーク」という誤答を誘った問題です。

thatって10回言って

ボブ

ボブ

「これはペンです」って言って

チャーリー

チャーリー

This is a Pen.

ボブ

ボブ

残念!「これはペンです」でした!

英語と日本語を織り交ぜた10回クイズも存在します。英語で答えるように問題を出しているように見せかけてただ繰り返させるだけという意地悪な問題です。

プリンスって10回言って

チャーリー

チャーリー

シャンプーの後にかけるのは?

ボブ

ボブ

リンス

チャーリー

チャーリー

残念!お湯(またはシャワー)でした!

「プリンス」から「リンス」を連想させ、誤答を誘う問題です。

将棋って10回言って

チャーリー

チャーリー

まっすぐ線を書くのは?

ボブ

ボブ

定規!

チャーリー

チャーリー

残念!えんぴつ(またはペン)でした!

まっすぐに線を引く道具であれば定規で間違いありませんが、まっすぐに線を書くのは?という問題なので、正解はえんぴつ(またはペン)です。

東海道って10回言って

ボブ

ボブ

日本で一番北にある県は?

チャーリー

チャーリー

北海道!

ボブ

ボブ

残念!青森県でした!

ポイントは「県」と「道」です。都道府県の中で一番北にあるのは北海道ですが北海道は「道」なので「県」ではありません。そのため、一番北にある「県」は青森県になります。

マグロって10回言って

チャーリー

チャーリー

タラちゃんのお兄ちゃんは?

ボブ

ボブ

カツオ!

チャーリー

チャーリー

残念!お兄ちゃんはいないでした!

存在しない人物を質問するひっかけ問題です。

【番外編】10回クイズをご紹介!

お決まりの形式の10回クイズだけではなく、変化球の10回クイズをご紹介します。

大好きって10回言って

萌え袖ちゃん

萌え袖ちゃん

大好きって10回言って!

チャーリー

チャーリー

大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き

萌え袖ちゃん

萌え袖ちゃん

ありがとう!

相手に10回言わせておいて「ありがとう」と終わらせるものです。このタイプの物は「可愛い」や「かっこいい」などさまざまな言葉に応用することが出来ます。

クイズではないですが、何問か出題するうちの1問として出題すると周りを和ませるネタにもなりいいでしょう。

人生って10回言って

プロゲーマー君

プロゲーマー君

人生って10回言って!

チャーリー

チャーリー

人生人生人生人生人生人生人生人生人生人生

プロゲーマー君

プロゲーマー君

終わった?

チャーリー

チャーリー

うん。

プロゲーマー君

プロゲーマー君

え?人生終わったの?

相手を煽るタイプの10回クイズのため、相手との関係性に注意が必要です。簡単なクイズである分、ひっかかるとイライラしてしまうためやりすぎには注意が必要です。

10回クイズまとめ

10回クイズは1987年のラジオ番組が起源と言われており、最近ではYouTuberやTikTokerなどが取り上げたことにより、その人気が再燃しています。

10回クイズの種類も、簡単な形式から変化したものまでさまざまなものが誕生しています。それに伴い、相手の怒りを買うような過激なものも増えているため、遊ぶときには相手を選ぶようにしましょう。

10回クイズまとめ

  • 10回クイズとは、言葉遊びの1種
  • 「10回ゲーム」、「10回言ってゲーム」、「10回10回クイズ」などの名前がある
  • 連想能力や予想能力が大きく関係
  • 起源は1987年のラジオ「鴻上尚史のオールナイトニッポン」とされる

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計2人評価)

関連記事

アクセスランキング