死相とは?その意味と死相が見える人の特徴・見分け方について

死相とは?その意味と死相が見える人の特徴・見分け方について

死相とは「死が近い人の顔つき、行動」「死んだ人の顔つき」を意味しています。死が近い人に現れる死相とはどのようなものがあるのでしょうか。顔や行動、心理などの特徴や死相が見えていたと言われる芸能人についてもまとめてご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1死相とは?その意味について
  2. 2死相が顔に出ている人の特徴
  3. 2.1影がはっきりする
  4. 2.2おでこに縦の線
  5. 2.3赤い線が出ている
  6. 2.4顔がはっきり見えない
  7. 2.5黒いオーラが見える
  8. 3顔以外にも?死が近い人の特徴・行動の変化
  9. 3.1急激な体重減少
  10. 3.2身体のにおいが変化する
  11. 3.3存在が薄くなる
  12. 3.4身の回りを片付け始める
  13. 3.5右手を凝視する
  14. 4死相が出ていた芸能人について
  15. 4.1小林麻央さん
  16. 4.2川島なお美さん
  17. 4.3エイジさん (アバンティーズ/YouTuber)
  18. 5死相まとめ

顔以外にも?死が近い人の特徴・行動の変化

顔以外にも?死が近い人の特徴・行動の変化
Photo byvolfdrag

死相は顔以外にも身体や行動にも現れると考えられています。死が近い人に見られる身体的特徴や行動をいくつかご紹介します。

急激な体重減少

急激な体重減少
フリー写真素材ぱくたそ

死期が迫っている人は「急激な体重減少」が起こると言われています。

急に顔がやつれ、体重が減ってしまった場合は大きな病気の可能性が高く、死が近くまで来ている可能性が高いです。ダイエットをしているわけではないのに急激に体重が減った場合は病院を受診することを強くお勧めします。

身体のにおいが変化する

身体のにおいが変化する
フリー写真素材ぱくたそ

死期が近い人は「身体のにおいが変化する」と言われています。

具体的には甘酸っぱいにおいに変化すると言われており、身体が弱ると発せられる臭いと考えられています。

現代では、人間の呼気や尿などのにおいから病気や体調の変化を察知する「癌探知犬」や「低血糖アラート犬」などの研究や取り組みが進んでいます。これは、病気や体内の変化によって人体のにおいの変わる事実が科学的に判明しているためです。

科学的な面から見ても、死期が近い人の体臭が変わるのは不思議なことではありません。

闇の存在「XXX」

闇の存在「XXX」

変化した体臭は「死臭」と呼ばれることもあるぞ。医学的には徐々に細胞が死んでいくため、においが変化するのではと言われているんだがな。

存在が薄くなる

存在が薄くなる
Photo byPexels

死期が迫った人は「存在が薄くなる」傾向にあります。

今までは存在感のある人だったのにも関わらず、突然存在感がなくなったように感じる場合は死相が出ているといえます。存在が薄くなったように感じるのは、その人があの世とこの世を彷徨っており、どちらの世界の人でもなくなってしまっているからです。

闇の存在「XXX」

闇の存在「XXX」

自動ドアが反応しなかったり指紋認証ができなくなったりすることもあるぜ。生命力が弱くなっているということは、死相が表れている可能性大だな。

身の回りを片付け始める

身の回りを片付け始める
Photo byMorningbirdPhoto

死期が近くなった人は「身辺整理を始める」傾向にあります。

遺書を書いたり仕事や財産の整理をしたりなど、いつ自分が死んでも周りに迷惑が掛からないように身辺整理を自然と始めます。

また、そこまで大ごとではなくても今まで大切にしていたコレクションを友人にタダで譲ったりゴミ屋敷同然だった部屋がやけに綺麗だったりした場合も死期が近い人の特徴の1つといわれています。

右手を凝視する

右手を凝視する
Photo byHNDPTESBC

死期が近い人は「右手を凝視する」と言われています。

何があるわけではないのに右手の手のひらや手の甲を凝視するのは、死期が近い人の代表的な行動です。なぜ、右手を凝視するのか理由は分かりませんが、実際に右手を凝視していた人が数日後に亡くなったなどの体験談も数多く聞かれます。

次のページ

死相が出ていた芸能人について

関連記事

アクセスランキング