日本の書道教室・習字の月謝は?月謝の相場をご紹介!

日本の書道教室・習字の月謝は?月謝の相場をご紹介!

日本の書道教室・習字は、それぞれ月謝が異なります。月謝の高い教室や安い教室など様々なので、「一体どの教室を選んだらいいかわからない」と悩んでしまうこともあるでしょう。この記事では、日本の書道教室・習字の月謝の相場をまとめてご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1日本の書道教室・習字の月謝を知りたい
  2. 2日本の書道教室・習字の月謝の相場
  3. 2.1週1回3,000〜4,000円
  4. 2.2都市部のほうが月謝が高くなる

日本の書道教室・習字の月謝を知りたい

日本の書道教室・習字の月謝を知りたい
フリー写真素材ぱくたそ

日本の書道教室・習字に子供を通わせたいと思っていても、月謝がいくらになるのかわからなければ、不安になってしまいます。

最初から一つの教室に絞って決めずに、事前に月謝の相場を把握しておくことが、教室を選ぶときのポイントです。全体を見渡して相場がわかれば、不安もなくなり、客観的に判断できるようになります。

日本の書道教室・習字の月謝の相場

日本の書道教室・習字の月謝の相場
フリー写真素材ぱくたそ

日本の書道教室・習字の月謝の相場は、週に何回通うかによって異なります。また、地域によっても相場が異なるので注意が必要です。

週1回3,000〜4,000円

週1回3,000〜4,000円
Photo bystevepb

週1回、月4回書道教室・習字に通う場合の相場は、おおよそ3,000〜4,000円となります。教室によって月謝に若干のバラつきがありますが、全体的に3,000円台の教室が多い傾向にあります。

ただし、入会金や年会費、施設利用料などが別途必要になる場合もあるので注意が必要です。せっかく月謝の安い教室を選んでも、年会費や施設利用料が高いと、出費も増えてしまいます。
教室を選ぶ時は、事前にトータル費用を算出しておきましょう。

都市部のほうが月謝が高くなる

都市部のほうが月謝が高くなる
Photo bykschneider2991

地方と都市部では書道教室・習字の月謝の相場が異なります。一般的に、地方の教室に比べて都市部の教室は相場が1,000円前後高い傾向にあります。

東京都内でも23区内と区外では相場に違いが出てきます。子供を書道教室・習字に通わせたいなら、まず最初に通わせたいエリアを決定し、そのエリアの相場を調べておきましょう。
遠方の教室を選んでしまうと、交通費が高くなるので注意が必要です。

日本の書道教室・習字の月謝の相場まとめ

  • 週1回通う場合の相場は3,000〜4,000円
  • 都市部の教室は相場が1,000円前後高くなる
服についた墨汁の落とし方まとめ!時間たった墨汁の取り方とは?のイメージ
服についた墨汁の落とし方まとめ!時間たった墨汁の取り方とは?
お気に入りの洋服に墨汁がついてしまい、落とし方に困ったことはありませんか?実は意外と身近なものを使用することで、墨汁は簡単に落とすことが出来ます。今回は洋服や壁に墨汁がついてしまった場合など、簡単な落とし方をご紹介しています。
新舞踊とは?読み方や起源・教室についてご紹介!のイメージ
新舞踊とは?読み方や起源・教室についてご紹介!
新舞踊とは、民謡や演歌、歌謡曲に合わせて踊る舞踊のことをいいます。読み方は「しんぶよう」です。人類の始まりと共に存在していた舞踊ですが、新舞踊が誕生するまでには、どんな歴史があるのでしょうか。舞踊の起源や歴史のほか、お稽古教室の選び方のポイントもご紹介します。
南京玉すだれとは?意味や作り方・技の種類をご紹介!のイメージ
南京玉すだれとは?意味や作り方・技の種類をご紹介!
日本の伝統的な芸能のひとつに南京玉簾(すだれ)がありますが、南京玉簾のルーツや技など、意外と知らないことも多いのではないでしょうか?この記事では、南京玉簾について紹介すると共に、南京玉簾の簡単な作成方法なども紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事

angelnumber

アクセスランキング