都内に6本しかない激レアな「青いポスト」は何のため?赤いポストとの違いや由来について解説します!

都内に6本しかない激レアな「青いポスト」は何のため?赤いポストとの違いや由来について解説します!

青いポストは「速達専用ポスト」です。高度経済成長期に速達専用ポストのニーズが高まり作られた青いポストですが、数が減少し現在では全国に35本しかない非常にレアなポストです。なぜ青いのか、どこに設置してあるかをまとめました。

コンテンツ [表示]

  1. 1「青いポスト」とは?
  2. 1.1赤いポストとの違いは?「青いポスト」の役割
  3. 1.2なぜ青色?「青いポスト」の由来
  4. 2全国に35本?「青いポスト」はどこにある?
  5. 2.1大阪に集中
  6. 2.2都内では日本橋に5本
  7. 3激レアな「青いポスト」を見つけてみよう!

「青いポスト」とは?

青いポストは「速達専用ポスト」です。高度経済成長期、速達郵便のニーズが高まり都市部を中心に設置されました。1959年から設置が始まり、70年代には約400本設置されていたようです。

赤いポストとの違いは?「青いポスト」の役割

青いポストは「速達専用ポスト」として作られ、最初は速達の需要が高いオフィス街の限られた地域にだけ設置されました。都内では千代田区、中央区、港区に35本。横浜では中区、神奈川区、西区に7本。合計42本設置されました。一般のポストより収集回数が多く、当時は1日7,8回収集されていたようです。

現在の赤いポストはポストによって収集回数は異なりますが、1日2,3回収集します。少ないところでも最低1回、多いところでは4回収集されます。普通郵便ではがきを出した場合、大体翌日か翌々日に届きます。また日曜日は普通郵便の回収はありませんので届けられるまでに3,4日程かかります。

なぜ青色?「青いポスト」の由来

Photo byPublicDomainPictures

青いポストの青色は戦前にできた青緑色の航空郵便専用ポストから引き継がれました。「航空」から空をイメージして青色になったといわれています。速達専用ポストを青色にすることで赤いポストとの違いを強調しています。

現在の赤いポストは郵便制度が始まった当初は黒色でした。ですが、当時普及し始めた公衆トイレと勘違いしたり、街灯整備が十分ではなかったため暗くなると見えづらいことから目立つ赤色に変えられました。

日本の郵便制度はイギリスから取り入れられました。イギリスの郵便ポストも赤色なのですが、青いポストもあるようです。イギリスの青いポストはジョージ6世の時代にエアメールを送るためのポストとして作られました。

赤色や青色のほかにも地域によってさまざまな色のポストがあります。例えば、抹茶の産地である愛知県西尾市には抹茶色のポストがあります。日本のオリーブ発祥地、小豆島のオリーブ公園にはオリーブ色のポストがあります。千葉県銚子市には犬吠埼の灯台にちなみ白色のポストがあります。島根県松江市の興雲閣にはピンク色のポストがあります。

黄色いポストは幸せを届けるといわれ、たくさんの場所に設置してあります。宮城県大崎市の四季彩通り商店街、宮崎県宮崎市の青島神社、福岡県福岡市の花みずき通りふれあい広場、奈良県橿原市の橿原神宮前駅、熊本県芦北の肥後田浦駅、鹿児島県指宿市の西大山駅などにあります。

全国に35本?「青いポスト」はどこにある?

青いポストは電子メールの普及や郵便技術の向上により減少しています。周辺の工事や整備を行う際に撤去されることが多いようです。現在では全国約18万本あるポストのうち35本しかありません。

大阪に集中

フリー写真素材ぱくたそ

少なくなってきている青いポストですが、そのほとんどが大阪にあります。北区に4本、中央区に13本、福島区に1本、西区に8本、浪速区に1本の合計27本が大阪にあります。

北区と中央区にある青いポストの場所を紹介します。
北区堂島2-1-37、北区東天満2-1-28、北区中崎西1-1-1、北区天神橋3-11-1、中央区本町3-5-7、中央区内平野町2-3-13、中央区天満橋京町1、中央区備後町2-2-15、中央区南久宝寺町2-1-2、中央区南久宝寺町3-6、中央区南新町2-4-14、中央区南船場2-2-15、中央区難波5-1-60、中央区心斎橋筋1-1-10、中央区宗右衛門町1-1-60、中央区松屋町7-22、中央区谷町8-1-52

福島区と西区と浪速区にある青いポストの場所を紹介します。
福島区海老江1-1-8、西区靭本町1-11-6、西区京町堀1-7-6、西区江戸堀2-8-4、西区立売堀3-8-11、西区新町1-7-4、西区川口1-3-24、西区南堀江1-10-3、西区本田2-1-11、浪速区難波中3-15-4

都内では日本橋に5本

フリー写真素材ぱくたそ

青いポストは都内に6個しかない。その中の5本が日本橋にあります。

日本橋にある青いポストの場所を紹介します。
中央区日本橋2-3-21、中央区日本橋3-4-10、中央区日本橋茅場町1-7-1、中央区日本橋堀留町1-8-10、中央区日本橋室町4-5
 

激レアな「青いポスト」を見つけてみよう!

フリー写真素材ぱくたそ

青いポストは古いオフィス街に多く残されているようです。今後更に減っていくであろう青いポストをぜひ見つけてみてください。

郵便ポストで投函可能な封筒のサイズは?種類毎の送れるサイズ【大型/規格/場所】のイメージ
郵便ポストで投函可能な封筒のサイズは?種類毎の送れるサイズ【大型/規格/場所】
書類などを郵便ポストに投函しようと思っても大きすぎてはいらなかった、という経験はありませんか?郵便ポストには種類があり、投函口の大きさも種類によって違います。そこで今回は、郵便ポストの種類、投函口のサイズ、などをご紹介します。
郵便ポストの集荷・回収時間が検索できるポストマップの使い方をご紹介!のイメージ
郵便ポストの集荷・回収時間が検索できるポストマップの使い方をご紹介!
ポストマップは全国の郵便ポストの設置場所や集荷時間がわかる便利なサイトです。ポストマップを使った郵便ポストの設置場所と集荷時間の調べ方について、画像を使って具体的にご説明します。
銀行振込の「電信扱い」とはどういう意味?ATM・ネットバンキングでは電信扱いになるのか?のイメージ
銀行振込の「電信扱い」とはどういう意味?ATM・ネットバンキングでは電信扱いになるのか?
銀行振込にはいくつか種類ありましたが、現在では電信扱いが主流となっています。電信扱いと言うと限定的なイメージもありますが、ATMやネットバンキングなども全て振込ではなく電信扱いとなります。この記事では電信扱いの際の注意事項やメリット・デメリットをご紹介します。

「青いポスト」は何のため?赤いポストとの違いや由来のまとめ

  • 青いポストは速達専用ポスト
  • 普通のポストと区別するために青い色をしている
  • 青いポストは全国に35本あり、そのほとんどが大阪に集中している
  • 他にも抹茶、オリーブ、白、ピンク、黄色などのポストがある

関連記事

アクセスランキング