>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

イエッタイガーとはどのような行為?ライブなどで迷惑行為といわれる家虎コールの由来や発祥を知ろう

イエッタイガーとはどのような行為?ライブなどで迷惑行為といわれる家虎コールの由来や発祥を知ろう

イエッタイガー(家虎)とは、アイドルのライブで起こるオタクや熱狂ファンによる「掛け声」のことです。静かに音楽を楽しみたい人が多いライブでは、イエッタイガー(家虎)の騒がしさを迷惑に感じる人も多いです。イエッタイガーが起こった由来や問題などをご紹介します。

イエッタイガー(家虎)とは?

イエッタイガー(家虎)とは?

イエッタイガー(家虎)とは、近年発生したライブにおける掛け声です。

日本では1970年ごろにアイドルが発祥しましたが、その当時はアイドルとファンの距離は遠いものでした。近年は、握手会などでアイドルとファンとの距離がグンと縮まっていますね。

さらには、比較的小規模なライブを中心に活動する地下アイドルも登場し、熱狂的なファンの掛け声とともに盛り上がりを見せています。

イエッタイガー(家虎)の意味

イエッタイガー(家虎)の意味

イエッタイガー(家虎)とは、アイドルのコンサート中に呼びかけるアイドルの熱狂的ファンやオタクたちの掛け声を意味します。

地下アイドルのライブ会場ではアイドルとファンの距離がとても近く、ファンはMIXやコールでアイドルの曲を盛り上げたり、ライブを一緒に作る感覚を楽しんでいるようです。

MIXの意味は「タイガー・フィヤー・サイバー・ファイバー・ダイバー・バイバー・ジャージャー」。呼びかけの言葉で、コールとはファン同士が息を合わせてアイドルの名前や掛け声を呼びかける行為のことです。

イエッタイガーは、「イエッ」という発音から「家(いえ)」を連想し、虎を英語で「タイガー」と言うことから、ファンの間では「家虎」で通っています。

イエッタイガー(家虎)の由来と発祥

イエッタイガー(家虎)は楽曲の内容に関係なくのオタクたちによって呼びかけられる言葉ですが、その由来はライブで呼びかけるMIXの言葉と「イエス」の掛け声とされます。また、地下アイドルのライブが由来といわれていますが、具体的な発祥の時期はわかっていません。

ある時期からMIXの最初の言葉「タイガー」の前に「イエス」の掛け声が加わり、自然と言いやすい言葉に変化していきました。

イエッタイガー(家虎)は具体的にどのような行為?

イエッタイガー(家虎)は具体的にどのような行為?

地下アイドルライブが由来とされるオタクや熱狂ファンによるアイドルたちへのコール応援活動は、年々激しさを増しているようです。

まず、コールを入れるタイミングについてご紹介します。

イエッタイガー(家虎)はどのタイミングでやるの?

イエッタイガー(家虎)はどのタイミングでやるの?

イエッタイガー(家虎)は、ボーカルの声を目立たせる大サビ前の落ちサビと楽曲最後の大サビの間にある空白部分に入ることが多いようです。

一説では、アイドルグループの「ベイビーレイズJAPAN」の楽曲「夜明けBrand New Days」でイエッタイガー(家虎)コールが初めて誕生したと言われています。下記のYoutubeでご覧ください。

イエッタイガー(家虎)をやる人は少ない?

イエッタイガー(家虎)をやる人は少ない?

知名度が低くテレビに映らない地下アイドルを応援する人は、オタクと呼ばれる熱狂ファンが多いです。地下アイドルのライブではオタクファンが多いので、イエッタイガー(家虎)など大音量のコールが沸き起こっても多くのファンが同調し比較的問題となりません。

しかし、アイドルの知名度が高くなるに従い、さまざまな多くのファンがライブ会場に歌を聴きにきます。そのため、オタクと呼ばれるファン層は極一部の人数となり、割合はかなり少なくなります。

曲の静かな部分に大声の掛け声が起こると、曲の無音の部分まで含めて楽曲を味わいたい人にとっては迷惑行為ですね。ライブ終了後ツイッターなどで、ライブ会場のマナーについてツイートしている場面がよく見受けられます。

セレスティアの無料タロット占い

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計3人評価)

関連記事

アクセスランキング