エゴサとは?間違った意味で使われることが多い「エゴサーチ」の正しい使い方とSNSで評判を調べる方法について

エゴサとは?間違った意味で使われることが多い「エゴサーチ」の正しい使い方とSNSで評判を調べる方法について

「エゴサ」とは一体どんな意味を持っている言葉なのでしょうか。実は、「エゴサ」は間違った意味で使われてしまっていることが多いと言われています。「エゴサーチ」の正しい使い方やSNSでエゴサーチを行う方法について徹底的に調査しました。

コンテンツ [表示]

  1. 1エゴサーチ(エゴサ)とは?
  2. 2エゴサーチの使い方
  3. 2.1本来の正しい使い方
  4. 2.2間違った使い方
  5. 3エゴサーチってどうやってやるの?
  6. 3.1Twitter
  7. 3.2LINE
  8. 3.3Instagram
  9. 3.4Facebook
  10. 3.5Google
  11. 4エゴサーチのメリットと注意点
  12. 4.1メリット
  13. 4.2注意点
  14. 5エゴサとパブサの違いって何?
  15. 6エゴサーチをうまく活用しよう!
Twitter
Photo byPhotoMIX-Company

Twitterでのやり方は画面上にある「キーワード検索」と書かれた検索欄を使います。

Twitterでは名前など調べたいキーワードを入力するだけではなく、さまざまなエゴサーチ「エゴサ」機能があります。いくつかご紹介します。

特定のユーザーが自分のことに関してツイートしているものを見たい場合は「from:(ユーザーID)」と入力します。また、「調べたいワード since:年-月-日」と入力すると、指定した年月日から現在までの調べたいワードが含まれたツイートを見つけることができます。反対に指定した年月日までのツイートを見たい場合は、「調べたいワード until:年-月-日」と入力します。

この他にもさまざまなエゴサーチ(エゴサ)のやり方があります。挑戦してみましょう。

LINE

LINE
Photo byPublicDomainPictures

Twitterでわざわざエゴサーチ(エゴサ)するのはめんどくさい場合はLINE活用しましょう。

LINEでエゴサーチ(エゴサ)するにはIFTTTというアプリが必要です。このアプリはWebサービス同士の連携が可能となっています。そのため、エゴサーチ(エゴサ)の結果をLINEで受け取ることができます。

Instagram

Instagram
フリー写真素材ぱくたそ

Instagramのエゴサーチ「エゴサ」のやり方は基本的にハッシュタグで検索するやり方になります。

画面上にある検索窓に調べたいキーワードを入力しましょう。すると、ハッシュタグに調べたいキーワードを使った投稿を絞ることができます。

Facebook

Facebook
Photo byPixelkult

FacebookにはTwitterのようなエゴサーチ「エゴサ」システムはありません。そのため、Yahoo!検索の「リアルタイム」を使いましょう。

Yahoo!検索のリアルタイムの場所をクリックして、調べたいキーワードを入力すればOKです。

注意点としてはリアルタイムなので、過去1ヶ月までの投稿しか残っていない点です。

Google

Google
Photo bySimon

Googleで検索する場合、検索欄に自分の情報を入力します。

いくつかキーワードを入力することで細かい情報を検索することができます。

エゴサーチのメリットと注意点

エゴサーチのメリットと注意点
フリー写真素材ぱくたそ

エゴサーチ(エゴサ)をすることによって発生するメリットとはどういうものがあるのでしょうか。エゴサーチ(エゴサ)をする上での注意点についてもまとめてご紹介します。

メリット

メリット
Photo byTeroVesalainen

エゴサーチ(エゴサ)のメリットは自分の過去の発言を見つけることが出来る点です。

最近ではSNSでの投稿によりトラブルに発展するケースが出てきています。SNSは気軽に投稿できるツールのため、日ごろの愚痴やプライベートな情報をつい投稿してしまいがちです。

エゴサーチ(エゴサ)をすることで、トラブルに発展しそうな投稿を見つけることができ、投稿を消したり、変更したりすることができます。

また、近年では会社がSNSをチェックしている場合もあります。エゴサーチ(エゴサ)には上司や会社側に見つかりたくないような投稿、就職活動で不利になりそうな内容を削除することが出来るメリットもあります。

芸能活動やアーティスト活動をしている人にとってエゴサーチ(エゴサ)は周りの意見を聞けるというメリットがあります。

ファンの人や同業者が自分のことをどう思っているのか調査できたり、意見を参考にしたりすることができます。

注意点

注意点
Photo byClker-Free-Vector-Images

エゴサーチ(エゴサ)するということは良い投稿だけでなく、傷つくような投稿も目にすることになります。

顔を出さず匿名で投稿することが出来るTwitterなどのSNSでは誹謗中傷や、プライベートな出来事が書かれている可能性も十分あります。

そのため、傷ついてしまう可能性があることを忘れてはいけません。また、プライバシーを侵害する投稿を発見した場合はしかるべき対処を行いましょう。

エゴサーチ(エゴサ)にはついつい検索するのが癖になってしまいエゴサの鬼になってしまう場合があります。さらには、心無い投稿に凹んだりインターネット依存症になったりという危険性も含んでいます。

エゴサとパブサの違いって何?

エゴサとパブサの違いって何?
Photo bydiannehope14

「エゴサ」と「パブサ」の違いは検索する対象が自分か、自分以外の他人やものなのかどうかです。

「パブサ」が「パブリックサーチ」の略語で、検索する対象が違うという点以外は変わりません。

例えばSNSで自分のハンドルネームや投稿などを検索する場合、これは「エゴサ」です。しかし、有名人や芸能人を検索する場合は「パブサ」と言います。

「エゴサ」と「パブサ」には明確な違いがありますが、「パブサ」という言葉はあまり一般に浸透していません。

エゴサーチをうまく活用しよう!

エゴサーチをうまく活用しよう!
Photo byFirmBee

エゴサーチ(エゴサ)には2つの捉えかたがあります。

  • 自分を客観視できるチャンス
  • 応援メッセージを受け取って元気をもらう

自分のことに関してプラスの意見もマイナスの意見も受け取ることができます。周りから自分がどう見えているか客観視することができます。

エゴサーチ(エゴサ)することで自分への応援メッセージを見つけることができます。自分の活動の励みになるでしょう。誹謗中傷やアンチなどのメッセージは、スルーする力を身につけると良いです。

プラスのツイートもマイナスのツイートも見えてしまうエゴサーチ(エゴサ)ですが、自分の負担にならない程度にエゴサーチ(エゴサ)をうまく活用していきましょう。

エゴサーチ(エゴサ)まとめ

  • エゴサーチ(エゴサ)の正しい意味は自分のことを検索すること
  • さまざまなSNSでエゴサーチ(エゴサ)ができる
  • エゴサーチ(エゴサ)は傷つく可能性や依存になる可能性もある

関連記事

アクセスランキング