天気雨を「狐の嫁入り」と言うのはなぜ?意味や由来をご紹介!

天気雨を「狐の嫁入り」と言うのはなぜ?意味や由来をご紹介!

天気雨(太陽が出ていて明るいのに急に降ってくる雨)は、古くから別名「狐の嫁入り」と言い伝えられています。地方によっては「狐の嫁入り」の行事もあり、賑わいを見せています。このページでは「狐の嫁入り」の語源や天気雨との関係をご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1「狐の嫁入り」とは?
  2. 1.1狐の嫁入りの意味
  3. 2天気雨を「狐の嫁入り」と呼ぶ由来とは
  4. 2.1天気雨は狐の仕業とする説
  5. 2.2農耕の神の使いである狐と天気の関係説
  6. 2.3悲しい民話説
  7. 3「狐の嫁入り」は縁起が良い?
  8. 4「狐の嫁入り」を英語で何と言う?

日本では古くから、天気雨のことを別名「狐の嫁入り」、または「日照雨(そばえ)」と呼びます。
狐の嫁入りの語源は諸説ありますが、この項目では代表的なものをご紹介します。

天気雨は狐の仕業とする説

天気雨は狐の仕業とする説
Photo byazazelok

天気雨は晴れている空から急に雨が降ってくる、不思議な現象ですよね。狐の嫁入りもないはずのところに灯火が見えるのだから、不思議な現象です。
そんな不思議な灯火を狐の嫁入りと考えたことから、あらゆる不思議な現象は狐の仕業と考えるようになりました。そこで、天気雨を別名「狐の嫁入り(きつねのよめいり)」と呼ぶようになったと言われています。

また、ほかにも狐が嫁入りする時に人に見られないように、必ず雨を降らせるという説があります。

農耕の神の使いである狐と天気の関係説

農耕の神の使いである狐と天気の関係説

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング