「レームダック」とは?意味や使い方を用例を用いて解説します。

「レームダック」とは?意味や使い方を用例を用いて解説します。

「レームダック」は、政治家が影響力を失った状態を意味します。この他、政治基盤が弱体化した政権や財政危機・経営危機に陥った会社、役に立たない人物や物を表す場合もあります。本記事では、「レームダック」の語源や意味、使い方を解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1「レームダック」の意味とは?
  2. 1.1「レームダック」の同義語
  3. 2「レームダック」の語源・由来
  4. 2.1英語表現の「lame duck」
  5. 2.2足が悪いアヒルは孤立する
  6. 3「レームダック」の使い方や用例
  7. 3.1政治家に対して使うとき
  8. 3.2政権やアメリカ連邦議会に対しての使用例
  9. 3.3財政危機・経営危機に陥った企業を言い表すとき
  10. 3.4役立たずの人物や物を言い表す場合
  11. 3.5同義語である「死に体」の使い方
  12. 4まとめ

同義語である「死に体」の使い方

レームダックの同義語である死に体も同じような使い方ができます。

議員

議員

先の汚職事件で多くの人間が引責辞任してしまい、もはや現政権は死に体だ。

まとめ

Photo bykalhh

「レームダック」は、政治家が影響力を失った状態を意味します。この他、政治基盤が弱体化した政権や財政危機・経営危機に陥った会社、役に立たない人物や物を表す場合もあります。政治関連のニュースやコラムではよく使われる言葉ですので、正しい意味や使い方を覚えておくとより理解が深まるでしょう。

ファシリテーションの意味とは?ビジネスで注目されるスキルについて解説のイメージ
ファシリテーションの意味とは?ビジネスで注目されるスキルについて解説
会議などの話し合いの時に有効なファシリテーションという技術をご存じですか。組織やチームの生産の効率化や組織内の強化、メンバーの意欲を高めることに繋がるファシリテーションについて詳しく解説していきます。また、ファシリテーターに必要なスキルについても紹介します。
「ボトルネック」とは?ビジネスでよく使うボトルネックの意味と使い方を用例付きで解説のイメージ
「ボトルネック」とは?ビジネスでよく使うボトルネックの意味と使い方を用例付きで解説
「ボトルネック」とは物事がスムーズに進行するのを妨げる要因を意味し、ビジネスを中心に使われている言葉です。一般的に物や物事において他の部分の脚をひっぱる要素のことを指します。「ボトルネック」の意味や語源を確認し、具体的な使い方を用例を元に解説していきます。

関連記事

アクセスランキング